Donguri kobo

実践副作用学-くすりの副作用をどう考えどうとらえたらよいのか?

■主なコンテンツ

第I章 くすりの有害な作用の予防と発見のための副作用機序別分類
1.どうして「副作用機序別分類」を思いついたのか?
2.薬理作用に関連する副作用とはどういうものなのか?
3.薬物毒性による副作用とはどういうものなのか?
4.薬物過敏症とはどういう副作用か?
5.薬物副作用機序別分類のポイント
―薬物アレルギーか、臓器毒性か?
6.抗血小板剤クロピドグレル硫酸塩錠添付文書
「重大な副作用」の副作用機序別分類を行ってみよう

第Ⅱ章 医薬品の副作用情報の検索と提供
1.経時的に見た副作用情報の分類
2.副作用情報はどこにあるか?
3.さまざまな副作用情報の読み方
4.副作用情報を利用した服薬サポート

第Ⅲ章 薬物と受容体の相互作用による副作用
1.受容体とは(リガンド,作用薬,拮抗薬の関係)
2.薬物・受容体相互作用による情報伝達のメカニズム
3.Gタンパク質共役型受容体の構造と内因性リガンド・作用薬・拮抗薬
4.ヒスタミン受容体
5.ドパミン受容体
6.セロトニン受容体
7.アセチルコリン受容体
8.アドレナリン受容体

■A5版、128ページ 定価2,200円(税別)
お申し込みは、 こちらからどうぞ。

お気軽にお問い合わせください TEL 019-613-5552

PAGETOP
Copyright © 株式会社どんぐり工房 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.